【SIMPLE×モルタル】- 造作家具編 –

th_1017_SIM_MOR_02


こんにちは、施工監理のまつこです!

前回、解体~下地工事、
そして仕上げに使うモールテックスという左官材についてご紹介したこちらの物件。

今回は目線を遮る役割をもつ、大きな収納家具を作る様子をご紹介します♪

--------------------------
前回までの記事はこちら
→ 1.解体・下地工事
--------------------------

◎フローリング工事

本日のメインは造作家具の工事なのですが、
そちらをご紹介する前にフローリングの工事をちらっとご紹介。

IMG_3702

今回使用するのはオークの複合フローリング。

1枚の材料から成形される無垢フローリングとは異なり、
何層もの材を重ねてつくられる為、湿気や気候による反り・収縮が少ないのが特徴です。

IMG_3666

表面が鋸目(のこめ)加工されたアンティーク風のフローリングを・・・

IMG_3704

あらかじめ床上げをしてベニヤを貼った下地の上に、張っていきます♪

IMG_3748

そして今回拘ったのはこちら。
モールテックスとフローリングとの切り替わりの段差部分です!

正面の立ち上がりにもフローリングを張り、モールテックス(低い部分)から
フローリング(高い部分)に上がる際、余計なものを入れないシンプルな納まりに…!

「神は細部(ディティール)に宿る。」と某リンゴマークの開発者が言ったように、
このような小さい納まりや見え方にお客様と一緒に拘ることが出来るのは
やはりリノベーションの醍醐味だなと感じます(^^)/

◎造作家具工事

それでは本日のメイン、造作家具を作る様子をご紹介します!

IMG_3671
↑掃出し側バルコニーから玄関に向かっての様子。

この状態から躯体天井まで届く大きな造作収納を3つ作っていきます!

IMG_3692

まずは玄関側から。
玄関土間と寝室を隔てる1つ目の収納です。

IMG_3758

ちなみに固定する際、外側にビスを出したくない時は、
↑のビスケットと呼ばれるものを使います。

IMG_3757

接合部にビスケットに合った溝をつくり、そこにビスケットを埋め込んで
板と板同士をがっちり固定します。

IMG_4218

そして1つ目が完成!

IMG_3767
↑1つ目を組み終え、2つ目に取り掛かる様子。

IMG_3760

天井まで届く高さのハコを組みとなると、ひとつひとつの材料自体が大きい為
組立は二人がかりの作業です…♪

IMG_3958

廊下と並行に配置された2つ目も組み終え、
寝室とダイニング・キッチンを隔てる3つ目もつくり・・・

↓↓3つ目、造作キッチンまで組み終えた様子がこちら。
IMG_4223

↓↓BEFORE
IMG_3671

変わらず玄関までの視線の抜けはありつつも、
ハコもの家具の設置を終え、完成にぐっと近づきました(^^)/

少し余談・・・
IMG_3678

前回下地組の際にご紹介した、床にできたこちらの掘り込み。

IMG_4225

床の掘り込みにジャストフィットなハコが入り、こうなりました!

ぱかっ。
IMG_4226

このハコが一体どんな役割を持つかは、また後日・・・♪

まだまだご紹介したいことは沢山あるのですが、
本日のnuLIVEはここまでです!

次回は、注目のモールテックス、塗装やタイル貼り等の仕上げ工事をご紹介します。

また、こちらの物件では今週末、完成見学会を予定しております!
弊社のリノベーションを直接体感していただける機会ですのでぜひお越しくださいね(^^)/

→→ 詳細・ご予約はこちら ←←

まつこ

こんにちは、施工監理のまつこです! 前回、解体~下地工事、 そして仕上げに使うモールテックスという左... 続きを読む

新しい家族

IMG_1

こんばんは。マイです。
まだ10月だというのに、12月並みの寒さに嫌気がさしております。

さて、早速ですが本題に入ります。
事件は2週間くらい前の出来事だったと記憶しております。

我が家ではフェレットという動物(ボブという名の女の子)を飼っていたのですが、
ちょうど1年半くらい前に天国へいってしましったのです…

そして家族の誰よりもボブ溺愛していた母が(私の方がボブを愛していた自信はありますが)
先日、『ケーキ買ってきたよ!』と
明らかにケーキ屋さんでは使わないであろう茶色いダンボールで出来たケーキ型の箱を私に差し出してきました。

何か嫌な予感がする…と思った瞬間、
箱の中から『カサカサカサ!』と音がしたのです。

私はびっくりしすぎて何が何だかわかりませんでした、

中を開けると…

IMG_5266

たぬきではありませんよ!?
中に入っていたのは、とてもとてもかわいいフェレットでした。

しかし、この数秒後、私の手は噛まれて血だらけに。笑
そしてその後次々に家族も噛まれて血だらけに。笑

なので今はゲージの中で新しいお家の雰囲気に慣れてもらう事に専念しております。

早く抱っこしたり、触れ合いたい気持ちはありますが、
やっぱり慣れない環境にいきなり連れてこられると、
怖くて人間の手をパクっとしてしまうみたいで…

本当に噛まれると痛いので、ちょっとコラ!と思ってしまいますが、
フェレットの立場からすると、
きっと人間の私たちの方が怖いんだろうなぁ…と私なりに理解しながら
早くお家の環境に慣れて一緒に遊べたらいいなぁと願っている私。

でもきっとフェレットって、知らない人もいますよね?
フェレットは、カワウソでもイタチでもありません。

普通に犬や猫みたいにフェレットフードを食べます。
賢い子であれば、名前を呼べばちゃんと分かる動物です。

そして、伸びます。

IMG_5453

IMG_5452

これは、以前飼っていたボブです。

可愛いというより、
ブサ可愛いという言葉が似合うかもしれませんね。笑

でも私はフェレットが大好きです。
このブサイクさが愛くるしいなぁと思っています。

このブサ可愛い寝顔は何にも変えられません。

IMG_2

いつか、新しいフェレットちゃんが私を飼い主だと認めて
噛まないようになった時には
またこのブログにフェレットちゃんを登場させたいと思います^^

長くなりましたが、それではこのへんで。

これからどんどん寒くなります。
皆さん風邪をひかないよう、お気をつけください!

マイ

こんばんは。マイです。 まだ10月だというのに、12月並みの寒さに嫌気がさしております。 ... 続きを読む

最近の朝事情

4549509233831[1]

みなさんこんにちは。
最近は気温も下がり秋らしくなってきましたね。

朝は寒いぐらいで正直布団をはぐのを躊躇します^^;

そんな中、つい先日5年ぐらい愛用していた目覚まし時計が壊れました・・・
急な別れをなかなか受け入れらず、、、「そうだ、分解してみよう」

写真を撮り忘れ、お見せできないのが残念ですが、
一般的な二つのベルが付いてるタイプの目ざまし時計です。

一本一本ビスを取り、ベルや外側のケースを外していくと、
目ざまし時計の全貌が明らかになってきます。

中には基盤と多数の配線がめぐらせてあり、
ベルはモーターで回し音を出しているのが分かりました。

モーターはミニ四駆で使われているものと似ていて、
少年の頃、夢中でミニ四駆を組み立てたり、
改造していたころを思い出します(^^)

故障の理由は老朽化による配線の接続不良でした。

直すかどうか検討した結果、
半田ごて等の購入費用や労力を考え無念のお別れを選びます。

そして新しいパートナーと巡り合いました。

IMG_2901
小さくても迫力のベル音を鳴らします。

大切に使いたいと思います(^^)

sasaki

みなさんこんにちは。 最近は気温も下がり秋らしくなってきましたね。 朝は寒いぐらいで正直... 続きを読む

【SIMPLE×モルタル】- 解体・下地工事編 –

th_1011_SIM_MOR_01


こんにちは、施工監理のまつこです!

一気に気温が下がり、そろそろ冬支度を始めねばと思う今日この頃。

夏に着工し、暑い時期の工事をくぐり抜けてきた現場の中からひとつ、
皆様にこちらの物件をご紹介いたします♪♪

◎concept
————————————————————————-
SIMPLE×モルタル|ラフなアトリエ暮らし

アトリエのような創り込み過ぎないラフさを再現するために天井と壁は塗装で仕上げ、
リビングにはオーク材、それ以外の床にはモルタルを採用。
フリーで創作をすることが多い奥様のためにリビングの一角にデスクやミシン、
本棚を配置した作業スペースを確保しました。
更に、絵を描いたり作業をした後にすぐに手が洗えるように独立洗面も設置。
空間全体に作業スペースを点在させたアトリエのような雰囲気をイメージさせる家が完成しました。
————————————————————————-

◎plan

PLAN

浴室・洗面・トイレの水回り以外、一切間仕切り壁のない
解放感にあふれたこちらのプラン。

1回目の本日は解体工事~下地工事までをご紹介いたします。

◎解体工事

th_DSC09783

th_DSC09804

こちらは解体前のお部屋。
築36年ですがリフォーム済で、とても綺麗な状態でした。

IMG_3147

そして解体後がこちら。
少し勿体ないような気がしますが・・・

解体が始まると3日程で、一気にガランとした印象に!

今回はECO工事の為、
下地や既存利用する部分が一部残ったこちらの状態から
リノベーションスタートです!!

◎下地工事・設備工事

解体が終わると壁や床の下地をつくっていきます。

IMG_3571

今回、ほとんど新規でつくる壁はないのですが
一部洗面台を設置する壁は杉の木下地をたててつくります。

IMG_3562

と同時に、設備配管も進めていきます。

床下には電気配線も通し、後に隠蔽されてしまう部分の工事がどんどん進みます♪

IMG_3675

床仕上げの下地となるベニヤを貼ったり・・・
壁仕上げの下地となるプラスターボード(石膏ボード)を貼ったり・・・

IMG_3678

ダイニングの床に設置されたこちらの掘り込みの正体は・・・

次回のBLOGでご紹介します♪
お楽しみに!

◎モールテックスについて

ところでこちらの物件、弊社でもまだ施工事例の少ない
「モールテックス」という素材をふんだんにつかって床の大部分や、キッチンの一部を仕上げていきます♪

その様子は後日ご紹介するとして、

モールテックスとは・・・?
「ベルギーのBEAL社が開発した薄塗りの左官材料です。」

こちらの材料何がすごいかといいますと、なんと塗り厚が1~2mm程度なのです。
(ちなみに弊社の玄関土間等でよく用いるモルタルはどんなに薄くても30mm程度)

130540456347516305195_2011-0514-110716430

塗り厚を確保しなければ、↑のようなクラックが入りバキバキに割れてしまう為
どうしてもある程度の厚さを確保しなければならないのです。
(塗り厚を確保したからと言って割れないことはないですが・・・)

ところが、モールテックスは塗り厚が薄くても割れない強靭性と柔軟性を持ち合わせており、
かつ耐水性にもすぐれている為これまで左官材で仕上げることが難しかった
水回り、階段・床、あらゆる什器(曲線などもOK!)を仕上げることが出来ます。

モールテックスのまわしものみたいになってしまいましたが・・・
モルタルやコンクリートの質感で仕上げたいとき、モールテックスは最適なのです。

IMG_3670

カラーバリエーションは白~ベージュ、青~緑、黄~オレンジ等
割と豊富にあるのですが、
今回はモルタルに近いこちらの3色のサンプルを用意し、
お客様に実際現場でみていただいて色を決定しました♪

写真の一番左、薄いグレーで仕上げていきます!

モールテックスについて少々長くなりましたが・・・
下地状態からお次は造作家具の製作にとりかかっていきます♪

間仕切り壁がほとんど無いこちらのPLANで、
目線を遮る役割をもつ大きな収納家具が次回の注目ポイントです♪

また、こちらの物件では今週末、完成見学会を予定しております!
弊社のリノベーションを直接体感していただける機会ですのでぜひお越しくださいね(^^)/

→→ 詳細・ご予約はこちら ←←

まつこ

こんにちは、施工監理のまつこです! 一気に気温が下がり、そろそろ冬支度を始めねばと思う今日この頃。 ... 続きを読む

映画の秋

home-main

東京は連日の雨で、気温が一気に冷え込んできましたね、、、
金木犀も咲いて、もうすっかり秋ですね。

先日、今シーズンで一番気になっている映画を見てきました。
『ダンケルク』 監督:クリストファー・ノーラン

映画に詳しい方はご存じかもしれませんが、かの大ヒット映画、
『ダークナイト』、『インセプション』を生み出した映画監督です。
CGを一切使わない、アナログフィルムを使用して撮影するのが、
クリストファー・ノーラン監督のこだわりだそうです。

170724dunkirk-w960
英国の戦闘機スピットファイア出てきますが、
パイロットは私の一押しの俳優、トム・ハーディが演じています。

映画の舞台は、第二次世界大戦時、フランス北部のダンケルクで
ドイツ軍により包囲された英仏連合軍の救出を描いています。

激しい戦闘シーンもなければ、敵の姿も見えないが、
陸地からの攻撃や空襲を絶えず受け、
生き延びようとする若い兵士に焦点を当てています。

映像はは陸、海、空と順次に切り替わり、
緊迫した空気が絶えず流れています。

好みが分かれる映画ですが、
気になる方は、絶対映画館で見るべき一本です。

ENDOO

東京は連日の雨で、気温が一気に冷え込んできましたね、、、 金木犀も咲いて、もうすっかり秋ですね... 続きを読む

トローリング★2017

FullSizeRender (5)

コンニチハ。
モリです。

シーズン終わりに、
今年もカジキと戦ってきました。(昨年の戦い)

 

FullSizeRender

↑ ボクの後頭部@勝浦沖

FullSizeRender (1)シロカジキ♪

FullSizeRender (2)

海よ俺の海よ 大きなその愛よ♪

男の想いを その胸に抱きとめて♪

あしたの希望を 俺たちにくれるのだ♪

 

コンニチハ。 モリです。 シーズン終わりに、 今年もカジキと戦ってきました。(昨年の戦い) ... 続きを読む

【BLUNT】- 竣工編 –

th_1009_BLUNT_04


こんにちは、施工監理のまつこです!

前回、塗装やタイル貼り等の仕上げ工事の様子までご紹介しましたこちらの物件。
最終回の今回は竣工した様子を余すところなくご紹介いたします♪

--------------------------
前回までの記事はこちら
→ 1.解体・下地工事
→ 2.ブロック・造作工事
→ 3.仕上げ工事
--------------------------

元々1LDKの間取りだったこちらの物件は、
1LDK+SIC、そして将来LDにもう1部屋個室をつくることを見越したフレキシブルなプランです。

171008-05

ではまず、全体から。

↓↓BFORE↓↓
IMG_2382

↓↓AFTER↓↓
IMG_4534

掃出し側から中央梁、そしてキッチンに向かっての一枚です。

ラフさの中にも清潔感のある白いタイルが貼られた腰壁にはキッチンが納まり、
廊下を抜けた奥には生活導線に溶け込む洗面スペース。
そしてその横には床から天井へと積み上げられたブロック壁が見えます。

↓↓玄関から掃出しに向かって↓↓
IMG_4530

とても日当たり・風通しが良く、宅内全体を気持ちのいい風が通ります。

↓↓洗面スペース↓↓
IMG_4511

洗面は個室にせず、敢えて廊下に配置することで
ただ通路としての「廊下」ではなく、様々な機能をもつ空間に。

大きな実験用シンクの横にはブロック壁、そしてお客様から支給していただいた丸いミラー。
全てが絶妙にマッチして、コンセプトであるラフさを出しています♪

IMG_4513

IMG_4542

↑細かいところですが、日常的に使うスイッチ。
金属のプレートに工業用でよく用いられるトグルスイッチをつけたオリジナルスイッチです。

↓↓SIC↓↓
IMG_4517

洗面のブロック壁を挟んだ玄関側は大きな土間、そしてSICが続きます。
玄関土間と寝室の間には内窓が設置され、
窓のない土間~SICにも採光をしっかりと確保(^^)/

IMG_4516

そして天井を躯体現しにする際、
電気配線をする為に弊社では亜鉛管と呼ばれる金属管を使うことが多いのですが、
今回配線が集中する玄関部分の天井には、店舗や駅でよく用いられる配線ラックを使用しました!

次は建具です。

IMG_4515

今回建具はネイビーブルーで揃え、
トイレと脱衣スペースにはこれまたお客様から支給していただいたプレートを取り付けました♪

IMG_4521

↑の建具を開くと、、、

IMG_4522

こちらは脱衣所。
大容量の幅広固定棚に、ハンガーポール。

IMG_4526

そして1回目の解体・下地工事でちらっとご紹介した、
ユニットバスはこのように仕上がりました♪

もうひとつピンポイントでご紹介したいのが、こちら↓↓

IMG_4547

右側から電話・TVジャック、真ん中はコンセント、
そして左側はUSBコンセントです!

スマートフォンやデジカメ、最近はUSBジャックを使うことが多いですよね。

わざわざコンセントに変換しなくても、直接USBがさせるのです!
個人的にこれはぜひ我が家にもほしい!と思ってしまいました…♪

それでは最後に各所の仕上がりをざっと写真でご紹介★

↓↓ブロック壁を挟んで、洗面スペースと土間・SIC↓↓
IMG_4514

↓↓キッチン側からみたリビング↓↓
IMG_4532

↓↓タイル仕上げの腰壁に納まるキッチン↓↓
IMG_4538

↓↓掃出し側から玄関に向かって↓↓
IMG_4539

それでは今回のnu LIVEはここまでです!
4回にわたりご紹介してきたこちらの物件、いかがだったでしょうか。

竣工写真は後日弊社HPにもアップされますので、ぜひご覧くださいね。

また別の物件でお会いしましょう☆

まつこ

こんにちは、施工監理のまつこです! 前回、塗装やタイル貼り等の仕上げ工事の様子までご紹介しましたこちら... 続きを読む

ラブ ランディング

01

最近読んだ「デザインノート」の特集がブランディングだったので今回はなるほど!と思ったものをみなさんにご紹介します。

『ブランディング』今では当たり前に使う言葉ですが、その言葉が日本に定着したのは1990年後半~2000年頃と言われています。

それまでは『商品を作り、宣伝・広告し、販売してく。』というカタチでした。というのも昔は広告自体の影響力が今より強大だったんです。

商品のブランドイメージ=タレント・広告表現というカタチで補えていたものが、インターネットの普及と凄まじいスピードで進化するSNSにより販売戦略も緻密に変化していきました。

そのためイメージで売っていた時代から緻密な戦略とターゲットを明確にしぼって売っていく時代へ。今ではそれが当たり前になってきましたね!

その反面、面白いな~!なんじゃこりゃ!?という広告・CMが少なくなってきましたね。残念…。
僕が小さい頃は、よくおもしろCMを学校でマネして遊んでいたものです。

話は本題に戻りまして、今回なるほどなぁと思ったブランディングをご紹介します。

みなさんご存知の資生堂です。
資生堂には資生堂和文書体いうものがあります。
02

これは1920年代~1950年代、MacもWindowsもない時代にデザインされ、パッケージや広告の中でデザイナーからデザイナーへと継承された和文書体です。
知らない方も多いと思いますが、資生堂には内部にグラフィックデザイナー・パッケージデザイナーなどデザイン部署が確立されています。

03
↑山名文夫氏 1930年代に資生堂スタイルのデザインを確立。

その後1970年頃に今のカタチの基本となる和文書体が整備されひとつの“核”として更なる強みへ変化しました。
04

この書体には長い月日をかけ『資生堂らしさ』の強さとエレガンスを体現しています。

その体現こそがひとつのブランディングなんですね。
しかもこの書体は1920年代からと人から人へを受け継がれた伝統技術・文化でもあります。この書体は一文字一文字手書きでレタリングされ、その技法自体もしっかり継承していくところが日本人らしく引きつけられる部分なのかもしれません。

今ではその伝統を引き継ぐために新人デザイナーには1年間に及ぶ書体研修が行われているみたいです。(参加したい…。)
その後デザイナーは基本となる『資生堂らしさ』の中に自分らしさを構築してくみたいです。
06

資生堂の凄さは社員にも当たり前のように自社のブランディングを浸透させている事だと思います。

今、世界に100年以上続いている企業がいくつあるのか!?
当たり前のように自社イメージを社員にも共有し受け継ぐことが1つのブランディングになり核になるという事を100年前から続けている事にブレない強さを感じます。

07

資生堂は市場では勿論そうですが、何年たっても広告業界・デザイン業界で先頭に立っているのも納得しました。
08

資生堂が創刊している「花椿」1973年に創刊され今年で44年目になります。時代の変化に合わせるのではなく、人から人へと少しずつリモデルすることでその当時のデザイナーのアイデンティティを感じます。

少し固く長くなってしまいましたが、
私は資生堂の回し者ではありません!!!
たまにはグラフィックデザイナーっぽい事をブログにしてみました。

ishibashi

最近読んだ「デザインノート」の特集がブランディングだったので今回はなるほど!と思ったものをみなさんにご紹介し... 続きを読む

インベーダー

IMG_2216

こんにちは。

いつの間にか10月です!
秋風が心地よい季節となりましたね。

仕事柄、内見などで歩くことが多いのですが、
プライベートでも散歩好きで、無駄に歩きます。

散歩中の楽しみのひとつは、インベーダー探し!

こんなのや・・

IMG_2217

こんなのが・・

IMG_2218

世界にちらばっているらしく、都内には数十か所。

ただ、グラフィティの一種なので
中には撤去されてしまったものもあるようです(泣)

ネット上にマップがあったりするのですが、
それは絶対見たくない!ので気ままにハンターやってます。

nuオフィスのある恵比寿・広尾にもあるので
気になった方は探してみてください♪

ハルナ

こんにちは。 いつの間にか10月です! 秋風が心地よい季節となりましたね。 仕... 続きを読む

秋の夜長に

0

こんにちは!
今週に入ってめっきり寒くなりましたね…。
冬並に寒い(当人比)とはいえ季節は秋…そう、読書の秋なのです。

今回はそんな秋の夜長におすすめの、
芸術の秋にもふさわしい心揺さぶられる本をいくつかご紹介したいと思います。

①【鉱物見タテ図鑑】1数年前に買った本なのですが、いまだに何度も読み返してしまうほど大好きな本のひとつです。
それというのも、このうつくしい写真…!
2
3見てるだけで楽しく、かつ、鉱石の知識がなくとも
読みやすい解説も載っているのでぱらぱら捲るだけでも面白い本になっています。

②【大切な人に使いたい美しい日本語】4
何がきっかけで買ったかは忘れてしまいましたが…。
6むかしの方の言葉、いや、日本語ってきれいだなあ、と実感できる一冊です。
ちなみに割と収録数が多く(+解説がいちいち綺麗で)、買って1年ほど経ちますがまだ最後まで読めていません…。

③【翻訳できない世界の言葉】7先ほどに引き続き言葉の本…しかし、今度は世界に目を向けた本です。
8
9これを見てハッとしたのですが、確かに木漏れ日ってどう訳せば…?
同じように海外にもそういった言葉があり、文化や考え方の違いなど、
いろんなことを気づかせてくれる一冊になっています。

せっかくの秋。
皆さんもお気に入りの一冊を見つけてみてはいかがでしょうか。

チバ

こんにちは! 今週に入ってめっきり寒くなりましたね…。 冬並に寒い(当人比)とはいえ季節は秋... 続きを読む