【SOLID】- 解体・下地工事編 –

0503_UENO_01


こんにちは、施工監理のまつこです!

桜が散って寂しいな、と感じていたら
半袖になる程一気に暖かくなり、
活動しやすくなったなと感じる今日この頃。

3月に着工し年度をまたいで工事が進んできた現場の中からひとつ、
皆様にこちらの物件をご紹介いたします♪

◎concept
—————————————————————————————————
SOLID
濃い床×スモークガラス|ダークトーンが息づく男の城

スモークガラスの扉の先には
グレーの壁に、深みのある色合いの無垢材が敷かれたLDKが広がり、
その中心に佇むのは、腰壁のガラスブロックが象徴的なキッチン。
作った料理をさっと並べられるようカウンターを造作し、
忙しい毎日の中でも気軽に食事が楽しめるよう設えました。

コンクリートなどの粗々しい素材を採用しながらも
ダークトーンで設えたその空間からは上質な雰囲気が放たれ、
洗練されたソリッドな空間へと仕上がります。
—————————————————————————————————

◎plan

plan

既存のカクカクとした平面形状(躯体)を利用し、
ひとつの空間にいながら
場所場所でうまく機能を使い分けた1LDKプランです。

第1回目の本日は解体~下地工事~設備配管工事までをご紹介します。

◎解体工事

th_写真 2017-10-31 15 08 37

th_写真 2017-10-31 15 09 26

こちらは解体前のお部屋。
築19年というリノベーションをする物件にしては比較的築浅物件です。

和室に、対面キッチン、、、
よくありそうな分譲マンションの間取りでしたが、

ひと通り解体作業が終わるとこのような状態に。

IMG_1303

IMG_1299

こちらのお部屋は外周壁(壁を隔てて屋外に繋がる壁)が多い為、
きいろい発砲ウレタンの断熱材が至る所に吹き付けられています。

この部分は断熱材を撤去するわけにもいかず
躯体(コンクリート)をあらわす仕上げには出来ない為
下地を組み、ボード材で隠した後、クロスや塗装で仕上げていきます。

IMG_2432

そしてこちら、写真左側には
あらかじめ床スラブに段差がついています。

なぜ段差になっているかというと、
新築時の水回りの位置(キッチン・お風呂・トイレ・洗面等)にあわせて
配管が通るルートのみ床スラブが下がっているのです。

リノベーション計画をする際、この床スラブの有無も考慮しながら
水回りの設備をどこまで動かすことが出来るか?
という点を含めて計画をしています。

◎設備配管工事

解体工事が終わると、
いよいよリノベーション工事スタートです。

IMG_2438

新しい間仕切り壁の下地をたてつつ、
先程の床スラブが下がっている範囲を中心に
新しい水回りの設備配管をしていきます。

IMG_2437

そして壁がすべてたちきらないタイミングで
UB(ユニットバス)の工事も入ります。
完成の様子は次回以降のブログにてご紹介いたします♪

◎床下地・ボード貼工事

IMG_2043

設備配管も終わり、あらかた間仕切り壁がたつと
ここからは大工さんの独壇場です。

IMG_2032

設備配管がされた床スラブの上に、
仕上げとなる床の下地を組んだり、

間仕切り壁の下地にボード材を貼りつけていきます。

下地状態ではまだまだ完成イメージが付きにくいですが、
今回ご紹介するのはここまでです!
次回はコンセプトにも出てくるガラスブロックのキッチン腰壁や、
造作工事・フローリング工事の様子をお届けします♪

また、こちらの物件では完成見学会を予定しております!
弊社のリノベーションを直接体感していただける機会ですのでぜひお越しくださいね(^^)/

→→ 詳細・ご予約はこちら ←←

まつこ

こんにちは、施工監理のまつこです! 桜が散って寂しいな、と感じていたら 半袖になる程一気に暖かくなり... 続きを読む