ヤバイTシャツ屋さん

pc_header


ヤバイTシャツ屋さんこと「ヤバT」って知ってますか?

最近はまってしまったバンドなんです。
男性2人と女性1人でやってるんですが、
バンド名からしてセンスしか感じません。

歌詞もなかなかです。
今日は私のお気に入りの2曲をご紹介します。

□肩have a good day
maxresdefault
「肩幅が広い人のほうが肩幅が狭い人よりも発言に説得力が増す〜」
「君の肩幅は僕の2人分 説得力2倍だね」
「でもね肩幅が広すぎるとときたまに
自分の肩幅感がどんどんどんどん分からなくなってゆく、
自動ドア、前からくる人、エレベーター、細い道、
何にでもぶつかる そんな夜もある」

肩幅の広い人に向けた応援ソングです。
ふざけているようでふざけていない歌詞。
イライラしそうな朝のラッシュ時に聴くのがおすすめです。

そして2曲目が
□We love Tank-top
design_img_f_1585955_s
「まあ、素敵なTシャツね」
「ああ、そうだろ 僕のお気に入りなんだ」

「まぁ! 素敵なタンクトップになったわ! あなた、魔法が使えるのね」
「そう、ここは、夢と魔法とタンクトップの世界」
「ええ?ここは喜志駅周辺のはずじゃ…」

どこかで聞いたことのあるようなメロディ(某ネズミーランド?)ですね。

実は、「We love Tank-top」には色んなバージョンのメロディーがあるんです。
気になった方はぜひ聞いてみてください。

岡崎体育好きの私にはたまらない歌詞の数々…
あなたもきっと「ヤバT」の虜なるはずです。笑

RUMI

ヤバイTシャツ屋さんこと「ヤバT」って知ってますか? 最近はまってしまったバンドなんです。 ... 続きを読む