ECアドバイザーの日々-Vol.14-

【中古でリノベ 160408 家電版】修正

こんにちは。
ECアドバイザーのMIZUです。

今回のテーマは『条件の優先順位』です。

物件探しをする上で条件はいろいろあると思います。

① 価格

② 広さ

③ エリア

④ 築年数

⑤ 間取り

⑥ 内装デザイン

⑦ 駅からの距離

⑧ 陽当り・眺望

等々、、、、、、

細かいところまで上げたらキリがありません。

全ての希望が叶う条件の物件が見つかるに越したことはありませんが、

なかなかそうはいかないのが現状です。

その為、数ある条件の中で優先順位を付けるのが一般的です。

そこで私からのアドバイスです。

「頭で考えすぎず、少しでも気になる物件があればどんどん内見に行きましょう!」

ということです。

既に何度も内見に行かれてる方は例外ですが、

多くの方は初めての中古物件の内見となります。

 

内見に行ってみると、思っていた優先順位が変わることが往々にしてございます。

「広さや予算を重視していたけど、それより立地の方が大事かも。。。」

「駅からの近さばかり気にしていたけど、離れて落ち着いた環境の方が良いかも。。。」

こんな感じで、優先順位が整理されていきます。

 

また、条件の中にはリノベーションで解決できることもあります。

先に挙げた中では、

② 広さ → 絶対的な広さは変えられませんが、デザインによって広く感じやすい空間を造ることはできます。(前回広さの感じ方について書いた記事がありますのでご参照ください。)

ECアドバイザーの日々-Vol.9-

 

⑤ 間取り → リノベーションの醍醐味ですね。物件によって自由度は変わります。

⑥ 内装デザイン → 当然ですね。

その他、もし陽当りがあまりよくなく、部屋が暗い場合は、

こちらも明るさを感じやすい空間にデザインすることもできたりします。

 

 

まとめますと、、、

 

 

百聞は一見に如かず!ということです。

 

 

是非ご参考にしてください。

 

こんにちは。 ECアドバイザーのMIZUです。 今回のテーマは『条件の優先順位』です。 物... 続きを読む