backup

そらにわ

order_report_13

夢いっぱいのY夫妻のリノベーション。
想いがカタチに…。
風が抜ける、光あふれる空間に仕上がりました。

空に浮かぶ庭

東京都杉並区。そこは都心へのアクセスが良く、静かで住みやすい住宅街。そんな街を選んだY夫妻は、ゲストハウスウェディングの会社に勤めるご主人とヘアアクセサリーショップに勤める奥様。

リノベーションしたお住まい、そこにはとても清々しくサラッと風が抜け、空へとつながるような空間が広がっていました。初めて踏み入る空間なのになぜか居心地が良く、自然とその空間に馴染んでいる自分が居ました。

リノベーションを考え始めたのは5年前。最初はリノベーションというものを知らずにリフォームを考えていたといいます。そんなときに奥様のお友達がリノベーションをしたと知り、夫婦揃って見に行き、こんな住空間が創れるのか!と、衝撃を受けたそうです。
それをきっかけに、リノベーションへの期待が膨らみ始めました。

インターネットで物件探しからやっているリノベーション会社を調べ、ホームページの施工例を何社か見比べて、2社に絞ったうちの1社がnuでした。1社に話を聞きに行くと、「その予算では無理ですよ」と言われ、対応もひどかったそう。気を落としかけながらnuの相談会へ参加。予算と部屋のイメージを相談し、そこでの営業担当者からは、「お任せ下さい。」という気持ちの良い一言。この一言が決め手となり、nuでの物件探しからリノベーションが始まりました。

Y夫妻の物件探しの条件は『空に浮かぶ庭』。都心に出やすく風通しが良く、何と言ってもバルコニーが広くあること。築年数やm²数にこだわらず探していたそうです。

見つかった物件はなんと、駅にも近く都心へも出やすい、さらに3面窓の最上階で2つのバルコニーもあるという物件。47m²と小さめではありますが、将来賃貸として貸すことも考え、駅に近くて都心へ出やすいこの場所が良い。と、この物件に決めました。

or_13_img01

想いがカタチに

or_13_img02

物件が決まって、リノベーションへの想いが募り、沢山のプランを温めてきたY夫妻。

プラン要望は、『部屋に光と風が入り、キッチンから空が見え、空とつながるような部屋にしたい』というもの。打合せをしているうちに、天井高や梁、配管などいろいろな現実的な問題も現れてきました。しかし、設計担当はそれをもすべて考慮しながらY夫妻のイメージしていた空間を実現させました。

Y夫妻はこう言います。

『どんなものを創りたいか、私たちが想うものを感じとって、更に引出し、それを現実的なものにしてくれた』と。

Y夫妻が選んだ空間は、キッチンを中心にLDKを回遊できる1Rプラン。2つあるバルコニーをうまく使い分け、サニタリーにつながるバルコニーには洗濯物を干し、そのまま洗濯物をたたみしまえるように洗面台は広めにとりました。回転窓は部屋中に風が通り抜けるようにと作られました。

LDのバルコニーには、大事に育てた植物が並んでいて、玄関を入るとLDとつながったアトリウムのように見え、奥行きと開放感を与えます。

玄関は、黒のモルタルの床、壁の白、奥様のリメイクした鏡がアクセントになって、味わいを感じさせます。

一番こだわったキッチンは、スムーズに動き回れるように回遊性をもたせ、収納力たっぷりの大きなバックカウンターを設けました。

Y夫妻は友人を招いて食事を楽しむ機会が多く、『ダイニングからガラス越しに料理をしている所が見えるように』とご主人が望んでいたビストロのようなキッチンに仕上がりました。テーブルに座ると、キッチンのガラスにはバルコニーにあるミモザが映し出されます。

『お気に入りのキッチンで主人がおいしい料理を作っている姿を見るのがとても幸せ』と、奥様は言います。

空と過ごす最高な暮らし

ガーデニングが趣味のお二人は、ご主人の知り合いの庭師に相談して家に合う植物を選んだり、新たに鉢の植え替えをしたりと、こだわりが徹底しています。

家のいたるところにグリーンがちりばめられていて、どこにいても緑が感じられる空間となっています。

休日は昼間から窓を開け、バルコニーと部屋をつなげて、空と共に友人たちと楽しくお酒を飲みながらおしゃべりをして過ごします。
「家で過ごすことがとても心地良くて、ずっと家に居たくなるんです。」と話して下さいました。

また、「ホームセンターに出かけることが多くなりましたね。」と、家の中を更に快適に、自分たちらしく変えることが今の楽しみだそうです。

理想的な空間で過ごすことで、より充実した日々を送ることが出来る。なにげない暮らしからかけがえのない暮らしへと変わっていく。それもリノベーションの魅力です。

or_13_img03
施工事例はこちら
topに戻る