backup

正方形のpersonality

order_report_31

正方形の家の中に正方形のウォークインクローゼット。
WICを中心に家の中を自由自在に歩き回れる、楽しい間取り。
四角い箱に、家族の個性をたっぷり詰め込んだお宅です。

こだわり続けた “正方形”

神奈川県横浜市。
アプローチの大きなマンションに住むOさん宅のリノベーションストーリーです。 ご主人は、マンション管理会社の営業マン。 奥様は専業主婦で、1歳になった娘のゆうはちゃんと3人家族です。

昨年2月にゆうはちゃんが産まれ、家族が増えたのをきっかけに家を購入したいという想いが 強くなったOさん。以前から家を購入しようという気持ちはあり、Webサイトで良い物件がな いか新築・中古問わず常にチェックをしていました。不動産業界でお仕事をしているため、リノ ベーションについての知識はあり、元々選択肢の一つだったといいます。 しかしリノベーションでよく見る物件は、築30~40年のマンションのため古すぎないか少し不安 でした。Oさんは、リノベ後は人を呼んでわいわいしたいと考えていたため、友人が来た時に外観 を見てもガッカリしない、マンションの共用部の管理が行き届いている物件を探していました。

そんな時、恵比寿の駅にあるラックから手にした1冊のパンフレットがnuとの出会いでした。「雨の日だったにも関わらず気になって手にしていました」とOさん。 HPも検索し、nuの運営する「中古でリノベ」にて都内で気になる物件を発見。 早速nuに問い合わせをしました。すると、気になっていた物件は既に売約済みとのこと。 しかし「エリアを限定せず、もう一度希望の条件を洗い直してみましょう」というnuアドバイザーの頼もしい一言でOさんの物件探しが本格的にスタートしました。

雑誌で見た回遊性のある間取りに憧れていたOさんは、よくある長方形で縦長の物件よりも、間取りを自由に組み替えられる正方形の物件に絞って探していました。いくつか物件を見た中で 最終的に決めたのは、元々住んでいた家からも近く、マンションのアプローチも広々としている、最初に見た 横浜の物件。希望していた正方形の間取りで、空間を広く取れそうだと感じたことが大きな決め手となり、購入に至りました。

or_31_img01

正方形にたっぷり詰まったpersonality

or_31_img02

「自分が住む家ならば、自分のpersonalityをとことん反映した家にしたかったんです」

当初、Oさんが希望していたことは、人を呼んでパーティーが出来る楽しい家にしたいということ。 そして、傷がついても住んでいくうちに味になるような足場材風の木を使いたいこと。 さらに、ビールサーバーを置きたい!という3つが絶対条件でした。 Oさんの要望を元にデザイナーが提案したプランのコンセプトは「正方形のpersonality」。 正方形のスケルトンを活かしてOさんの希望や個性をたっぷりと反映させたプランに仕上げました。 友人を招いた際にはみんなでパーティーが出来るように、家族で寛ぎたいときにはのんびり 過ごせる居心地の良い空間に、仕事終わりに家で一杯飲みたいときにはOさん専用のバーに… 自分の好きな時に好きなように、家を変化させながら楽しく住まえる空間になりました。 正方形のプランの中心には、正方形のウォークインクローゼットを配置。 周りをぐるぐると歩き回れ、様々なシーンが連続していく回遊性のあるプランです。 広々とした玄関を入ると、右手には水廻りスペース、左手には寝室。 水廻りにも、あえて建具をつけずにオープンにしたことで、家全体がひとつの空間となります。 天井は全てコンクリートあらわしにし、家を全体的をラフな雰囲気で包み込みました。

玄関の扉を開けると、一面にテラコッタタイルを敷き詰めたエントランスホール。正面に置かれた べージュのソファと階段状にデザインされたシューズボックスがセレクトショップのような空気感 を醸し出しています。こちらは、夫婦で訪れたゲストハウスからインスピレーションを受けたもの だそう。リビングに繋がるエンジ色のドアを開けると、開放的なLDK。 アンティーク加工を施した、味のあるラスティックオークのフローリングが一面に敷き詰められ、 色や形が様々な椅子がラフに並べられています。 「長年の夢だったんです」そう話すご主人の視線の先には、こだわりのビールサーバーを設置した オリジナルのバーカウンター。 キッチンと色を合わせて、使い込むほどに味の出る杉板の足場材で造作されています。 友人を招いた時には、みんなに美味しい生ビールを注いで乾杯! ご夫婦共に料理上手なOさんの手料理と共に、オシャレなカフェに食事をしに来たような 気持ちになります。

一番のお気に入りで利用頻度が高いのは、nuオリジナルのベンチ。 「ご提案ただいた、可動式のベンチがとても役に立っています。TV台にも使っていますし、 友人が来た時に好きな場所に座ってもらえるので、そこで色んなコミュニケーションが生まれる んですよ。」と素敵なコメント。 ふたを開けると収納出来る箱にもなっている、足場材とオークで造作したベンチ。 普段は、部屋の角にキレイに収まっていますが、大人数でのパーティーを開いた時には クッションを置いて、座り心地の良いダイニングチェアに早変わり! つかまり立ちを始めたゆうはちゃんも、このベンチが丁度良い高さのようで一生懸命ひとりで 立つ練習をしていました。用途に合わせて変化するこのベンチは、Oさん宅にピッタリです。

変わりゆく正方形

普段帰りの遅いご主人は、以前は外で食事を済ませて帰ってくる事も しばしばあったと言います。 『引っ越し後は、家に帰りたくてしょうがなくなりました。早く帰って来て、このカウンターで 家族の顔を見ながら食事をするのが人生の楽しみのひとつになりました。」と幸せそうに語ります。

また、ご友人も既にたくさん招待されているそう。 ひと月に3回ほどの来客があるOさん宅は、いつもとても賑やか。 たくさんのお客様の上着を掛けておく工業用パイプで造作したハンガー掛けも、予めつくっておい たのが大正解だったそうです。「これは既製品じゃ絶対に出来ないし、デザイン的にも納得のいく ものに出会える確立は低いですよね」とOさん。「来客の際に、ちょっとコートを掛けておくだけ で絵になるし、あとは毎日の洗濯物掛けにとても重宝しています。」とのこと。 あらわしの天井に延びる配管とマッチして、空間を一層盛り上げています。

「これからも、グリーンを増やしたりカーテンを買い替えたり、楽しみながら空間を作って いきたいです。家族ももう1人増える予定なんですよ」とOさん。

正方形の家の中で、日々変化していく家族のカタチ。 いつかまたお邪魔する機会があったときに、どんなpersonalityが反映されているのか 今からとても楽しみです。

or_31_img03
施工事例はこちら
topに戻る